お悩み

起き上がりの補助

起き上がりの補助

ベッドや椅子から立ち上がる為には、まず自分自身が楽に立てる立ち方を知る必要があります。

 

補助をする側もされる側も無理な姿勢から立ち上がろうとすると、腰を痛めてしまいます。

まずは上体を前傾に倒し、頭を足より前に出します。そうすると自然とお尻が浮きやすくなります。

また、この時に足を少し手前に引くとあまり力を入れずに立ち上がる事が出来ます。これを踏まえたうえで補助をする側はされる側の前に立ち両手を斜め下に引きながら立ち上がらせて下さい。

さらに補助をされる側に腕をしっかり握らせると安心感もある為、より楽に立ち上がる事が出来ます。